//

MINKUS Architects was established in 2009 by Felix and Noriko Minkus, who bring their international background and diverse experiences to their design process. Since 2010 the practice is based in Leipzig, Germany.
.
.

Ms.-Eng. NORIKO MINKUS

1977 born in Fukuoka, Japan
2000 Nihon Universiy (Bachelor of Architecture, Japan)
2002 Tokyo Science University (Master of Architecture, Japan)
2003-04 Berger Parkkinen Architects, Vienna
2005-07 Takenaka Europe GmbH, Düsseldorf
2008-09 Burrell Foley Fischer LLP, London
2009 Arata Isozaki & Associates, Tokyo
2009- MINKUS Architects
2011- Das Japanische Haus e.V.
2015- Ostwache Leipzig e.V.
2017- Freelance architect, design2sense GmbH

ミンクス典子
(建築家 / ライプツィヒ在住)

福岡県生まれ。日本大学と東京理科大学で建築を学び、2003年に渡欧。ウィーンの設計事務所 Berger Parkkinen Architects、デュッセルドルフのヨーロッパ竹中工務店ドイツ本社設計部、ロンドンの設計事務所 Burrell Foley Fischer LLP に所属後、2009年に一時帰国。磯崎アトリエにて、ドイツ・ボン市のベートーベンホール設計競技に参加。同年よりミンクス・アーキテクツ主宰。2010年拠点をドイツに移す。2011-18年登記社団ライプツィヒ「日本の家」共同代表。2014年よりライプツィヒ応用科学大学建築学科(HTWK) ゲスト・クリティック。 2015年より元消防署再生文化プロジェクト Ostwache 共同代表。 2017年よりフリーランス建築家として設計事務所 design2sense GmbH 勤務。「働く環境を良くする」設計を専門とするドイツ建築家協会認定建築家。

.
.
.

.

.

.

Dip.-Ing. FELIX MINKUS

1978 born in Erfurt, Germany
1999-05 Diploma in Architecture, TU-Darmstadt
2003 Architecture Theory, TU-Wien
2005-06 Minkus Architekten, Leipzig
2007-08 PRP Architects, Ash Sakula Architects, London
2009 Riken Yamamoto Architects, Tokyo
2011-18 Fuchshuber Architekten
2018- Sero Architekten

ミンクス・フェリックス
(建築家 / ライプツィヒ在住)

ドイツ・エアフルト生まれ。ダルムシュタット工科大学で建築を学ぶ。在学中に彫刻学科の助手として、ハンガリーにてブロンズや石膏で作品を手がけ、交換留学先のウィーン工科大学では、建築理論を学ぶ。卒業後、ロンドンの設計事務所 Ash Sakula Architects に所属。2009年に来日して、山本理顕設計工場にてチューリッヒ国際空港設計競技に参加。同年よりミンクス・アーキテクツ主宰。2010年に拠点をドイツに移す。2018年よりSERO Architekten共同代表。